2011年09月17日

続・百パソコン百色・・

2011.9.17

・・・つづき

実は、研究室でも同じことが。
(地デジ化の話ではありません。
  残念ながら研究室にはテレビありません。
 ディスプレイの色の表示の違いの話です。)

スタッフは各自ひとりパソコン1台使用(2台の人も!)

皆、毎日、終日パソコンに向かって作業しているのですが、

何十ものパソコン画面、

比べてみると微妙に色が違っています。


 

同じDELL同士で

同じサイトを見ていても

表示されている色がずいぶんと違うこともあります。


 


ちなみに、

ホームページのトップ画像の「カラフル板壁」ひとつにしても

パソコンによって、ずいぶんと色が異なっていました。


 

かなり濃い色合いに見えてびっくりさせられたり

逆に、あっさりと色薄いパステルに近い色目だったり、

隣のデスクのパソコンの表示でも
色目がずいぶんと違って
イメージも違って見えました。



 

また、
作業していて気づいたのですが、

特にノートパソコンでは

ディスプレイを寝かしているか、垂直に近い状態で作業しているか

ディスプレイの角度によっても全く違う色に見えるんですね。

見る位置や光の当たり具合、光の反射との関係に左右されるということでしょうけど

角度を変えていくと色が濃くなったり薄く明るくなったり

不思議なくらい色が変化します。


 


同様に

ディスプレイ画面内のどの位置に画像があるかによってさえも、

微妙に表示色には変化が生まれました。


 


 

すなわち、

パソコンの

メーカー

機種

同じ機種内の個体差

使用年数

見る角度

画像の位置

これだけの条件の違いに加えて

 

パソコンを使用している部屋の照明、

蛍光灯と白熱灯、そして最近ではLEDライトなど

照明ももちろん、色を左右する大きなファクター。



このように条件の組み合わせは本当に数知れず

ということは表示されている色も数知れず・・・


そして
なんと、その上、
アウトプット側のパソコンだけでなく

インプットする側、すなわち、見る人の「目」の方にも同様に

民族、「個体差」や「使用年数(要するに年齢ですよね・・)」などによって違いがある、と。

 

 

(「透き通るような」という形容詞がぴったりな感じの色素が薄い北欧系の白色人種の人の瞳の色、我々日本人の濃い茶色~黒い瞳を通して見るのと「同じ色」に見えているのかしら?という疑問がわきますが、やっぱり、違うんですかねぇ・・?)

 

 

まさしく

十人十色、ならず

十パソコン十色

百ディスプレイ百色・・・


 

 

色のイメージ、大事だから・・

カラフルな板壁の色が

私が見ているのと同じように

今、ご覧いただいているご使用中のパソコン上で

きれいな色に見えていますように・・・祈っております

http://i-locus.com/colorexpress/index.html

 

img_top

ちなみに、これが元画像です。

この画像を、切った張ったして
・・じゃなくて、切ったり貼ったりしてヘッダーを作成しました(笑)

    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔