2011年09月20日

マスクといえば?

2011.9.20

【カラーエクスプレス】は、外壁塗装の施工後のカラーイメージをシミュレーションでビジュアル化して見ていただくことができるかんたん操作のカラーシミュレーションシステム、塗り絵感覚で色選びしてシミュレーションを楽しみながら、リアルな塗り替えイメージに夢をふくらませることができるソフトだと一番最初にご紹介しました。

(←2011.9.6ブログ)


塗り絵の場合、絵の中のそれぞれの部分のアウトラインが線描きされていて、その中に、思い思いの色を塗っていきます。


外壁塗装のカラーシミュレーションをする場合も同様に
アウトラインを決めて、

その中に色を塗って、塗装後の出来上がりをイメージします。


ホームページを閲覧していくと、ホームページ上にも自分で操作できるカラーシミュレーションシステムはありますが、その多くは、いわゆるイラストに色を塗るタイプのようです。線描きされた家のパーツ、屋根、ドア、壁などに色を入れていくスタイル。


塗り絵感覚で楽しむことはできますが、建売住宅のような典型的な家のデザインが多くて、実際にお住まいの家と同じような形状を探すのは大変かも知れませんね。しかも、できあがりは絵本のようなものが多いような気がします。



カラーシミュレーションシステム【カラーエクスプレス】の特徴のひとつは、実際にお住まいの建物の写真を撮って、それをもとにカラーシミュレーションできることです。

ですから、カラーシミュレーションの出来上がりのイメージがしやすく、一目瞭然です。


ですが、写真には、もともと塗り絵のようなアウトラインは引かれていません。


実際の建物写真を塗り絵スタイルの線描きにするには、どのようにするか?


それは「マスキング」もしくは「マスク」と言われる作業プロセスで行います。


■マスキング


養生とほぼ同意で、

•絵画制作や塗装の際に、塗装面以外の面に塗料がかからないように
 シートやマスカー、マスキングテープなどで覆うことをいう。


•コンピューターのグラフィックソフトの機能で、
 描画などの作業したくない領域を指定し、保護すること


だそうです。


「養生する」は、引越し屋さんが家具の出し入れの際にマンションの共用部分の床やエレベータ部分に保護をするようにテープやブルーシートなどを貼ったりしているイメージの方がぴんときました。


塗装業界における「マスキング」の方も「マスキングテープ」からの連想で意味を類推できましたが、
カラーシミュレーションで使われる「マスク」にいたっては、

実際の作業のイメージが全くわきませんでした。

「マスクのやり方は・・」「マスクの画像が・・」何度聞いても、
会話に出てくるたびに、私の頭の中にイメージされるはどうしてもこんな感じ・・


mask yellow









今日は、急に涼しくなりましたね。

昨日までは、
蒸し暑かったり、ものすごい紫外線との闘いの日々だったのに・・。

こんな季節の変わり目には風邪をひきやすいので要注意ですね!


・・と言う私ももはや少し喉が痛いような気がしていますので、

「マスキング」「マスク」については次回に・・。


「マスク」が必要にならないためにも!

 

 

    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔