2011年09月26日

画素数って?

2011.9.26
オートマスキングのつづき・・


オートマスキングをした後の建物画像をチェックして見て、
あるエリアの中だけをもっと細かくエリア分けしたい場合は

そのエリアをクリックしてグリーンのラインを表示させて、

再びオートマスキング操作を行うと
そのエリア内だけがより細かくエリア分けすることができます。


その際は、

より小さな数字、たとえば画素数100などの数字を入れると

より細かくマスキングがされます。



・・と書いてきましたが。
「画素数」の意味も、デジカメの普及に伴ってよく聞く言葉ではありますが
あいまいかも・・。
実は数字が苦手な私もイメージ先行で定義がクリアでなかったので確認してみました。

画素についてですが、
たとえば、あるディスプレイが1024×768のディスプレイの場合、
大雑把に言えば、
これは、画面が横1024、縦768の点によって構成されているといったイメージなんだそうです。

ぎっしり並ぶ点・点・点・・・


各点が画素です。
各画素がそれぞれ色を表現することによって画像全体の色が表示されるのです。

1024×768の掛け算をしてみると、約80万画素ですね。

もし、このディスプレイに
800万画素のデジカメでフルサイズで取った建物の写真を表示しようとすると
80万画素の10倍もあるのですから、
当然、画像全体を表示できなくなります。
たとえば、建物画像だと、窓の周りの部分だけとか。


オートマスキングからは、少し話がそれますが、
【カラーエクスプレス】には、「リサイズ機能」がついていますので、
このような場合も大丈夫!

ワンクリックで、シミュレーションにぴったりのサイズ、
つまり、ディスプレイにきれいに収まるサイズの画像にサイズ変更が可能です!

「リサイズ機能」を使えば
ケータイで撮影した小さな画像を大きくリサイズ=拡大することもできますよ。

取り込んだ写真の画像を適正サイズに合わせる
サイズ変更作業のストレスから解消されます。


閑話休題。

オートマスキングのエリアをもっと小さくしたい場合は、
点点の数を減らせばいい=画素数を少なくする=小さな数字を入力する
という結論にめでたく達しました!

ジグソーパズルのピースが小さくなりました・・

ジグソー2

    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔