2012年08月30日

「いつものビルかと思いきや・・・」

8.30.

大規模修繕中の「真っ黒の養生シート」に包まれた近所の大型マンションがまるで、サティアンのようで「異様なたたずまいのデッカイ黒いかたまり」がうっとおしい・・
『工事する側にとっては、「一時的な」「仮の」「機能優先の」養生シートで囲ったに過ぎないということかと思いますが、半年近くその色を見ざるを得ない立場におかれた人=マンション住民はもちろん、近隣住民、駅への往来にそこを通る人々にとっては、それはまさしく、そのマンションの「外観」。

大規模修繕工事中の養生シートで囲った状態のカラーイメージを【カラーエクスプレス】でシミュレーションしてください、とまでは言いませんが(笑)、少しでも養生シートの色のイメージにも心を配ってほしかった』
と、とブログに書きました。
(←2011/11/19ブログ 「養生シートのカラーイメージ」)


そうしたら、先日、こんな記事を発見。

(2012.8.28. 朝日新聞「いつものビルかと思いきや・・」)

DSC_0953

『いつものビルかと思いきや・・

本物のビルかと思ったら幻?―東京・日本橋のオフィス街に、建て替えで消えたはずの歴史的な建物が出現した。工事現場を覆うシートに元のビルの実物大写真が印刷され、解体されたビルがそのまま立っているようにも見える。
ビルは、三菱倉庫の「江戸橋倉庫ビル」。・・・船橋のような屋上の塔屋や最上階の半円窓など、船を思わせる外観が特徴だった。都選定歴史的建造物に指定されている。
現在、外観の7割を残す建て替えが、進められているが、「工事中も、周辺の住民や働く人にしたしまれれた景観を残したい」(三菱倉庫)と、足場を覆うシートにかつてのビルの外観の写真を施した。
施工する竹中工務店は「姫路城など絵を描いたシートで覆う事例はあるが、原寸大の写真でもともとの建物を再現する事例はない」と話す。・・』

DSC_0955


本当に、遠目では養生シートとはわからない出来栄え。
見に行ってみたい気がします。


たしか、1980年代だったと思いますが、銀座4丁目交差点の三越デパートがビルごと資生堂の広告で覆われて、『前代未聞の巨大広告』と話題になった記憶があります。

多分、それだけ大規模な印刷ができる技術がその頃に開発されたのだと思いますが、30年経った今、建物の原寸大に建物画像を印刷する技術が活かされて出来上がった養生シート。

ビルよりでっかい巨大プリンターで印刷?

まさか!
きっとプリントしたピースをはぎ合わせて建物サイズにしてあるのだと思いますが(笑)
こんな遊び心と配慮あふれた養生シート、斬新でステキですね!!

こちらは、きっとカラーシミュレーションだけでなく、いろいろなシミュレーションをした末の力作なのだと思います。
建物の外装のイメージ、養生シートだって大事です!

COLORexpress LOGO

☆カラーシミュレーションシステム【カラーエクスプレス】のホームページはこちら! 
http://i-locus.com/colorexpress/index.html

☆カラーシミュレーションシステム【カラーエクスプレス】のお問い合わせはこちらへ! contact@i-locus.com

☆ブログでは、初回から順番に【カラーエクスプレス】について機能その他をご紹介しております。
お時間がある時、過去のブログも読んでいただき、【カラーエクスプレス】について知っていただけるとうれしいです。

    • 0 Comment |
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔