2012年09月25日

ネーミングの魅力

9.25.
遊び心のある商品、
同じものでも、何かひとつ、付加価値のある商品、アイデアを盛り込んである商品にものすごく惹かれます。

イベントや季節からみのビールなどもそうですが、

(←2012.5.22. ブログ「スカイツリー缶 BEFORE/AFTER」)
(←2012.5.23. ブログ「続・スカイツリー缶 カラーイメージ結果!」)
(←2012.6.2. ブログ「ワイルドに!ダイレクトに!」)
(←2012.7.18. ブログ「暑さをぶっとばせ!」)
(←2012.7.25. ブログ「クイズ<ビフォア・アフター>こたえは」)
(←2012.7.27. ブログ「クイズ<ビフォア・アフター>第2弾こたえは・・)
(←2012.8.3. ブログ 「時差にも負けず!」)
(←2012.9.5. ブログ「夏なのにおでん」)

ネーミングも大事。

たとえば、
DSC_0946
「スッぱいライム味&スライム食感!」のスライム味のガム。

スッぱいライム味でスライム味とは・・
「そう来たか・・」と思わず、購入してしまうドラクエファン。
強引とも言えるキャッチコピー、お見事!


同じく、こちらも。

豆腐とは思えないネーミング!
naminorijohnny

「波乗りジョニー」と言えば、あの時代の音楽好き誰もが即、桑田圭祐の曲を連想。
ネーミングだけでなく、デザインも上から見るとサーフボード形で、サーフィンのイメージ。

DSC_1149
しかも、よく見ると「大豆 From Canada」と。

別の成分表示のところにはきちんと「原材料名:大豆(カナダ)<遺伝子組み換えではない>」とも書いてあるのですが、
大きな文字で書いてあるこのキャッチコピー、
もちろん、あの大ヒット曲、「Love letter from Canada」を意識したに違いない・・。

その横には、「沖縄糸満沖にがり使用」と。

これも「沖縄産にがり使用」と書かず、あえて、沖縄最南端の「うみんちゅ」の漁業の街、糸満の名前を出して具体的にアピール。

しかも「生活応援バージョン」!

HPで確認したところ、ブルーのパッケージの国産=北海道大豆を使用した「波乗りジョニー」のお手頃バージョン商品らしく、
国産じゃなくて、カナダ産の大豆を使ってお手頃価格にしつつも、
それを逆にギャグに使うところが憎い。



naminorijohnny2
下は3つに分かれた充填豆腐。

普通の四角いおとうふのように水も入っていなくて、小さく食べやすいサイズに分かれているので、プリン感覚でスプーンですくって、お弁当時に食べています。

数あるお豆腐の中から、ピックアップさせるネーミングの力、ギャグセンス、商品デザインの力・・
思わず人が手に取りたくなるようなアイデア満載で、ヒットの波に乗った「波乗りジョニー」!

COLORexpress LOGO

☆カラーシミュレーションシステム【カラーエクスプレス】のホームページはこちら! 
http://i-locus.com/colorexpress/index.html

☆カラーシミュレーションシステム【カラーエクスプレス】のお問い合わせはこちらへ! contact@i-locus.com

☆ブログでは、初回から順番に【カラーエクスプレス】について機能その他をご紹介しております。
お時間がある時、過去のブログも読んでいただき、【カラーエクスプレス】について知っていただけるとうれしいです。


    • 0 Comment |
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔