2013年07月22日

ネット選挙にもタブレット!

7.22.

初の「ネット選挙」と言われた今回の参議院議員選挙、昨日結果が出ました。
選挙期間中、たまたま、あちこちの駅で演説をしていた自民党候補者=安倍首相、石破幹事長、丸川珠代候補者などに遭遇して、いずれも、その警備のすごさ、おまわりさんのバリケード、そして聴衆の多さにびっくりさせられました。皆、写メはもちろん、スマホで動画撮影もしていて、駅に下りようと歩いていると邪魔扱いされるほど。

今回圧勝した自由民主党は、ネットを活用した選挙活動を推進する特別チームを発足させ、自民党と立候補予定者に対するネットでの書き込みを分析、監視。書き込みの分析結果を毎日、立候補者に伝えて、選挙活動やネットでの情報発信に利用できるようなシステムを使っていたとのこと。
 

立候補者らがアカウントを持つFacebookやTwitter、ブログのほか、2ちゃんねるなど一般の掲示板もチェックして、それをもとに、選挙演説や活動にあたっての注意点やアピールポイントがまとめられたタブレット版の活用を即していたようです。
言葉の使い方や言い回しについてのガイダンスなども書かれていて、
選挙版「傾向と対策」みたいな。
マニュアル世代の若い候補者にはぴったりだったのかも?

選挙にもタブレットが活躍する時代なのですね!


自民党の候補者だけでなく、脱原発を訴えて話題になった山本太郎候補も渋谷駅で見かけました。
無所属にもかかわらず、1200人ものボランティアに支えられて、ネットで支持を広げ、ツイキャスを使って選挙活動をライブ発信し続けて、見事当選した山本候補者。
芸能人の知名度をベースに、ツイッターやSNS、Facebookを駆使して、一貫した主張をどんどんアピール。
最も「ネット選挙」を有効活用して当選。


今後、このような新しい選挙活動スタイルがどんどん取り入れられて、メインになって行くのでしょうね。
実際に有権者の前に出ての演説と握手、そして、ネットを駆使した24時間体制の発進と相互コミュニケーション、その両方を使いこなさないと勝てない時代に突入したのかも知れません。

選挙さえも、ネットやタブレットなしには戦えない時代になってきたんだな、とあらためて感じた今回の選挙でした。


余談ですが、
それにしても、この炎天下の選挙活動、
予測されていたはずなのに、
見るのも痛々しく、あんなに「顔がすごいことに」なってしまった石破幹事長・・・。

自民党チームの誰か「最強の日焼け対策情報」をネットでチェックして、彼に教えてあげる人はいなかったのか?
なぜ、誰も「PA++++」の日焼け止めクリームをおススメしなかったのか?
・・と感じているのは私だけではないようでネットでも話題になっているようです。
ただでさえ眼光鋭い顔が、真黒く、痛々しいことになっちゃって、ものすごい迫力ですから!(ちなみに、この文字のような日焼け色!)



さて、
外壁カラーシミュレーションでタブレットを使いたくなったら、ぜひ【i-カラーエクスプレス】を!
お問い合わせはこちらです!

contact

i-clx icon
ブログでは【カラーエクスプレス】の機能についてご紹介しております。
【カラーエクスプレス】のシステム紹介は、 右コラムの「カラーエクスプレスとは?」というカテゴリーの過去ブログをご参照ください。古い方から読んでいただけると、カラーシミュレーションシステム【カラーエクスプレス】の概要がおわかりいただけます。どうぞよろしくお願いいたします 。

    • 0 Comment |
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔