2013年09月04日

竜巻被害、心よりお見舞い申し上げます

9.4.

今朝ほど、久しぶりに大きな地震を感じました。
震度4。

地震だけでなく、お天気も、突然の豪雨、かと思うとカンカン照り、でも湿度は高くて、空気は「もわぁっと感」いっぱい!
天気雨もパラパラ降ってきたり、ヘンな風が吹いて来たり、西の方では台風も来たばかり、と、
日本中がお天気に振り回されている感じです。

東北大震災以来、あらためて自然の猛威を思い知らされている私達ですが、
2日には「竜巻」による大災害がありました。
なんとなく、狭い島国日本にやって来るのは台風で、「竜巻・ハリケーン」が発生するのは広大なアメリカだけ、と勝手に思い込んでいたのが、温暖化等気候の変異とやらの影響で、日本も竜巻が起こる気象条件エリアになってしまったのだそうです。


TVで、竜巻被害報道の痛ましいニュースを見ました。

おそらく20代か30代前半と思われる若者(ご家族は奥様と小さなお子さんがひとりとのこと)。
昨年10月に完成したばかりの念願のマイホームが、竜巻のせいで飛んできたモノで壁に穴があいたり、家中ぐしゃぐしゃでとても住める状態ではない悲惨な状況になっていました。。
しかも、「ローンの返済がやっとなので火災保険等にも加入していない、500~600万円かかる家の修理費用・・・どうしよう」と途方に暮れていました。

同様に、息子さん達と長年住んでいる家が竜巻被害にあった50代くらいの女性も、ガラスは割れて、家中ぐちゃぐちゃ、天井も吹き飛んで、しかも、今日の大雨で中の家財道具も何もかもすべて水浸し状態・・。
お気の毒なことに、「どうせ古い家だから、建て直せば済むことなんだけど、ちょうど火災保険が切れて、更新しようと思って、手続き用紙に記入し終わって提出するところだったのに・・」と。
最悪のタイミングで被害に合われたご様子で、こちらも、本当に不運としか言いようがありません。

できあがったばかりの「夢のマイホーム」があっけなく台無しになってしまった若いご家族にしても、殆ど「全損」状態なのに、たまたま運悪く保険が切れていた日に被害にあったご家族にしても、その口惜しさ、絶望感はいかばかりのものか、と胸が痛みます。


しかも、あれだけの被害でも、ピンポイントで襲撃を受けたため、「一部の地域の災害」、という扱いのようで、地震被害の時のように「国をあげて復興すべき大災害」という扱いの感じになっていないように見受けられて、なんか非常にやるせない気持ちになります。

埼玉・千葉の竜巻被害に合われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
公的支援制度によるサポートがちゃんと行われて、
一日も早く復興がなされますように心よりお祈りいたします。


被害を受けられて落胆なさっている方々が、補修や改築をなさる時、
カラーシミュレーションによる色選びなどを通じて、少しでも希望をとりもどして、新たな夢に向かう気持ちになっていただければ、と願ってやみません。
そんな時、【カラーエクスプレス】が何かの形で少しでもお役にたてれば幸いです。

そして何より、もうこのような自然災害が起きることがないよう祈るばかりです。

今年の夏は、あまりにも天変地異、異常気象に振り回されているうちに過ぎてしまった感じ。
もう、たくさんですよね。。。
(・・と書いている間も、窓越しに見えるものすごい嵐のような大雨風、そして、あっという間にドピーカン晴れ。
ホントに気まぐれな目まぐるしい不安定なお天気!)

COLORexpress LOGO
ブログでは【カラーエクスプレス】の機能についてご紹介しております。
【カラーエクスプレス】のシステム紹介は、 右コラムの「カラーエクスプレスとは?」というカテゴリーの過去ブログをご参照ください。古い方から読んでいただけると、カラーシミュレーションシステム【カラーエクスプレス】の概要がおわかりいただけます。
どうぞよろしくお願いいたします


    • 0 Comment |
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔