2014年05月25日

屋根面積の算出には【計測エクスプレス】!

5.25.
社長宅が、「オレオレ詐欺(もどき?)」のターゲットにされたことを書きましたが、
(←2014.5.22ブログ 「皆様もお気をつけください!」)
実は、去年の夏、うちの遠い親戚も詐欺被害にあったこと、思い出しました。

台風15号で九州が猛烈な雨風の被害にあって、
冠水やら浸水やら、悲惨な状況に見舞われた直後、
「お宅の屋根が大変なことになってますよ!
すぐに瓦を直さないと崩れてくるから!」と
『通りすがりの親切な業者の人』が訪問してきて、
超心配性で怖がりの一人暮らしの親戚(80代女性)は
即その人に災害保険金で50万円の内金を支払って
そのまま工事をお願いしてしまったのでした。

たまたま台風お見舞いの電話をした母に、
「台風で屋根が危なかったところを、
親切な人が通りかかって見てくれて、すぐに直してくれてよかったのよ~」と。
喜んでいた彼女の電話を聴いた母は、即、
「いきなり、災害保険金の50万をあてにしてくるなんて、
それは絶対おかしいから、
すぐに誰か信頼できる人に相談するように!」と言ったところ、
消費者センターの人が来てくれてサポート。
やはり、詐欺まがいの「ぼったくり商売」だったと判明!

既に工事を始めてしまっているので
支払った分は取り戻すこともできず「工事費用」という扱いにせざるを得ず、
その『親切な業者の人』は消費者センターの監督指導のもと、
きっちり¥50万円分の補修工事をおこなったいう一件。


しかも、
この件についてブログに書こうと思って、
今日、あらためて親戚に電話で確認したところ、
つい先日、またもや、彼女、同様のぼったくり詐欺のターゲットにされたようで、
今度は、屋根工事じゃなくて、水道管の工事。

「今度は騙されなかったよ~。えらいでしょ!」と言ってました。。。(汗)

ひとり暮らしの高齢者の女性は、詐欺犯にねらわれてしまうのですね。
(地方だと、特に不用心だから、ねらわれてしまうのかも。)
オソロシイ!
ホント、イヤな世の中!

そんな悪徳業者がいると、
誠実にがんばって仕事している業者の人まで不信感を持たれてしまって、
迷惑千万ですよね!


その点、
ちゃんと
【計測エクスプレス

屋根面積の見積もりをしてからお見積書を作成してくれる業者様なら
安心です!

計測エクスプレス】
バージョンアップポイント その2

計測エクスプレス】は、屋根勾配の入力で図面から屋根面積を算出できます。
屋根勾配の入力は、「寸」表示だけでなく、「度数」の表示でもOKになりました。
しかも、立面図だけでなく、屋根伏図からの計測もOK。

工数がかかる屋根面積の計測も
計測エクスプレス】で簡単に算出できて、
信頼性のあるお見積書のご提案ができます。

ぜひ、ご検討ください!
リフォーム産業フェアでご覧いただけます!

w240h240_movebars14


keisokuexpress_logo2










 
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。