2020年07月15日

「コロナに負けるな!!』~#Go Toキャンペーンを中止してください


□□□ オフィス移転のおしらせ □□□

6月23日より、㈱インターローカスは下記に移転いたしました。
(テレワーク続行中です。)

□ 住所:〒216-0033 川崎市宮前区宮崎2-11-1 フラワータイム 7B

□ 電話番号:044-982-0575

□ FAX番号:044-852-5056

□ MAIL:contact@i-locus.com (変更はありません)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
東京都の感染者数推移
コロナ感染者数
「FNNプライムオンライン」より抜粋

7月以降ずっと、コロナ感染者数100人越えが続き、200人超えの日々も数日続きました。

官房長官は「この問題は圧倒的に東京問題と言っても過言ではない」とまるで東京が諸悪の根源のように東京都に責任を押しつけた発言。
かたや、都知事はあいかわらず、「若者」と「夜の街」が感染拡大のもとという発言のくりかえし。


いずれにしても、数字のマジック、グラフのビジュアルイメージのせいで、毎日感染者がたくさん発生しているだけでなくそれがどんどん累積されていっている、という点を見落としがちです。
感染すると1日で治る訳ではないので、入院・ホテル療養・自宅待機を問わず、最低1-2週間は「感染者」のままなのですから、累積の数字は増える一方だということ。
しかも、全員が検査している訳ではないですし、感染していても無症状の人も多いのですから、実態はもっとすごいことになっているはずです。
(もし、ITが進んで、体温の色表示のように、
街行く人々の中の感染者が赤く表示されたら、ものすごくおそろしい表示結果になってしまうことでしょう。)

それなのに「Go Toキャンペーン」、来週末の連休に合わせて前倒しで開始のようです。
「東京」等大都市から旅行者が全国に旅すれば、当然「東京由来」等の感染拡大の可能性も広がるわけで、地方の観光地は感染者に対応可能な医療設備も少ないでしょうから医療崩壊すら招きかねないでしょう。

なのに、国交省幹部の発言では「多少の感染者が出ることは想定内」、経済同友会幹部の発言では「開始時期を遅らせた場合は『不安をあおることになる』ので「延期はすべきではない」と強調した、とのニュース報道。経済優先だそうです。

来られる方の受け入れ側も不安。行く方も不安。
うつすのもうつされるのも不安。
そんな旅行、楽しくないでしょう!
リスクを背負った緊張感にあふれた旅行、リラックスできないし、
そもそも歓迎されず白い目でみられていては楽しめないでしょう・・

「『想定内』の『多少の感染者』が重症化、死亡に至っても仕方ないんですか?」
「Go Toキャンペーン、ホントに今やって大丈夫なんですか・・?」
「開始時期を遅らせ」なくても「、もう十分、不安なんですけど。。」


「感染(かかる方もうつす方も)が不安だから皆、旅行や外出を控えているわけで、
感染危機さえなければ、旅行でもどこでも行きますけど。。
今はムリでしょう。。」

ツィッターでは

「#Go Toキャンペーンを中止してください」

がトレンド入りしています。



弊社では、お伝えしているように、
コロナ禍始まって以来、ずっとテレワーク体制で営業しております。
途中、「オフィス移転」という物理的に出社せざるを得ない状況になり、引っ越し~社内整備作業のため、ぼちぼち出社勤務も取り入れていますが、一部のスタッフは未だ新オフィスに一度も訪れていない状況です。
不要不急ではなく「必要早急」のオフィスでなくてはできない作業(新オフィス整備や商品発送等)を担当するスタッフのみが出社して、お客様対応のスタッフはすべてテレワークにて業務させていただいております。

中高年の感染者もジワジワ増加中ですから、感染に注意し過ぎることはありません。
特に社長は千葉から2回「県境越え」で2時間近くかけての電車通勤で、しかも、いわゆる「夜の街」錦糸町にて電車乗り換えでの通勤ですから、社内をあげて慎重にならざるを得ません。

個人的にも、旅行どころか、電車による外出は一切控え、未だ「Go To渋谷」さえも控えて自粛しているのに、「Go Toキャンペーン」で一気に感染拡大のリスクが高まってしまうのでは、「今までの自粛努力は何だったのか」という気持ち。

むつ市長の「
今まで我慢してきたことが、今我慢していることが、全部水泡に帰す訳で、これが拡大をすれば、今までは天災だと言っていられたかもしれないが、もう人災となる」という発言、まさに「おっしゃるとおり!」と感じます。

そうじゃなくても、豪雨災害、米基地内からのコロナ感染拡大、看護師の大量退職、
真夏の熱中症(冬にはおそらくインフルエンザ)と合体流行の懸念等、不安材料しかない状況なのですから、「ホント、なんとかならないものか・・」と心配が尽きない第2波?の感染拡大状況。


「Go Toキャンペーン」の予算をそのまま医療支援の費用に、という声も数多く聞きます。
ブルーインパルスが医療者へ感謝の飛行をした時も、個人的には「飛行機飛ばす費用をそのまま医療費支援に」と思いました。)

ホント、なんとかならないものでしょうか・・。
自衛しかないのでしょうか・・?


コロナに負けるな!!キャンペーンチラシ

 

    • 0 Comment |
    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔