2020年06月02日

働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)

昨日は「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」についてご紹介、オススメしましたが
http://blog.livedoor.jp/colorexpress/


「働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)」もオススメです。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/telework_10026.html


弊社も4月より100%テレワークで営業中ですので、先日申請を行ったところです。


「概要: 時間外労働の制限その他の労働時間等の設定の改善(※)及び仕事と生活の調和の推進のため、在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成する。」



支給対象となる事業主」の中に

3) テレワークを新規で導入する事業主であること
   ※試行的に導入している事業主も対象です
    又は
       テレワークを継続して活用する事業主であること
」の条件を満たした事業主が

テレワーク用通信機器(※)の導入・運用」を実施すればよいとあります。

【カラーエクスプレス】は、iPad/iPhoneとの連携使用、さらに、【カラーエクスプレス】クラウドサービス“Let’s”との連携で『テレワーク用通信機器』としてお使いいただけます。
施主様宅を訪問することなく、ネットを通じて営業ができて、リフォーム後の色決めのご相談もできるので、まさに「テレワークツール」なのです。

さらに、【カラーエクスプレス】と【計測エクスプレス】の連携使用でより強力なテレワーク営業のスタイルも展開できますので、
この機会に
ぜひ、【カラーエクスプレス】、【計測エクスプレス】を「新規に導入」なさってください!
(両方セットの【エクスプレスセット】は¥4万円オフの割引セットでオススメです!)

まずは「試行的に導入」なさってみてください!

助成金申請可能です!!



仕組みとしては、まず
評価期間内(~令和3年2月15日まで)に
1回以上、対象労働者全員に、在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークを実施させる」こと。

そして、「対象労働者が在宅又はサテライトオフィスにおいてテレワークを実施した回数の週間平均を、1回以上とする」ことを「成果目標」として設定します。

それが達成できれば、目標達成状況に応じて
成果目標の達成状況達成    未達成
補助率3/41/2
1人当たりの上限額40万円20万円
1企業当たりの上限額300万円200万円
が支給されます。

お役所独特のむずかしい説明で、ホント、わかりにくいですが、
一言にまとめると、

【カラーエクスプレス】、【計測エクスプレス】、もしくは両方=【エクスプレスセット】を導入、
オフィス・ご自宅でお使いいただいている実績報告により、
費用の3/4(最低でも半額)が支給される


ということです。

ぜひ、ぜひ、
「働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)」を活用して、【カラーエクスプレス】、【計測エクスプレス】の導入をご検討ください。

お問い合わせはこちら 
→ https://www.i-locus.com/contact/

→ contact@i-locus.com

補助金活用バナー(ピンク)

せっかくの助成金、利用できるものはどんどん利用しないと!

しっかりと「助成」してもらわないと!

アベノマスクもらっただけでOK、という訳には行きませんから。

(そう言えば、特別定額給付金10万円の申請書がやっと先週届きました。こちらも申請しなくては!)





    • 0 Comment |